もみじがさいた

小学三年 さとう なお

もみじが、木の上から

ひらひらとおちていた。

そのふってきたもみじの中に、

手をそーっと入れた。

もみじは、ふわふわ ちくちく

きれいな色をしていた。

やがて、そのもみじたちは

かれていった。

もみじたちが、手をつないで

ねむっているようだ。

でも また春になると

もみじたちがおきてくる。

また、もみじたちを見たいな。

勉強しているよ

小学四年 駒田 勇樹

ぼくは勉強しているよ

一人じゃつまんないから

おじいちゃんに習うんだ

でも、むずかしい問題は

本当にまいっちゃうよ

分からないことを何度聞いても

答えてくれる

おじいちゃんとぼくは根気くらべだ

「早く終わろうよ。」と言っても

「まだまだ。」

いい勝負だなあ なかなかゆずらない

おじいちゃんとぼくは 学び友だち

勉強は、いやだけど

ずっといっしょにいたいなあ

 

(郡山市教育委員会発行『ぼくらのひろば』第五十三号より)

雪がつもるよ

小学三年 小野 彩香

雪がつもればみんなうれしい。

わたしもうれしい。

雪がつもれば

雪だるまを作ったり

雪合せんをしたりできるよ。

それにクリスマスツリーをかざったよ。

プレゼントが楽しみ。

まっている時間もすきだよ


隔月発行のリーフレットでは、このほかにもたくさんの素敵なこどもの詩を紹介しています。

リーフレットご購読ご希望の方はこちらよりお申し込みください。