チャレンジ

小学三年 宮﨑 瑛大

「やったー。やっと 出来た!」

カブスカウトの スキーくん練

何回 転んでも あきらめずにがんばった

さいしょは スキー板が重くて

歩きにくかった

 ふったばかりの やわらかい雪が

かたくりこのようで 足にからまる

ズデッ

 転んでしまった

足も いたくなってきた

「くやしい」

みんなは もう すべれるのに

ぼくは まだ すべれない

時間のかぎり がんばった

つま先を ゆっくり ハの字にそろえたら

なんだか 体が軽い

スキー板が ぼくの足になった

真っ白い 雪の上を どんどん進む

次は もっと山の上から

チャレンジだ!

もっとふれ雪

小学四年 佐々木 悠太

きのうのきのうは、雪がふった。

きのうのきのうは、

小さい雪がいっぱいふった。

いっぱいつもって、雪合戦した。

 

今日の雪は、

プテラノドンの顔みたいな雪だった。

ぼくの小指のつめくらいのプテラノドンだ。

きょうの雪は、ふんだら消えちゃった。

 

雪合戦したいな。

かまくら作りたいな。

 

もっとふれ雪。

もっとふれ雪。

がんばるきみへ

中学一年 庄司 朋哉

かなえられるわけがない

おまえにはむりだ

みんなきみにそういう

 

でもきみは

なにもいわずにがんばる

 

きみはいう

ひとにいわれてあきらめるのは

ゆめじゃない

 

がんばれ

 

そんなきみが

ぼくはすきだ

そんなきみを

ぼくはずっと……

隔月発行のリーフレットでは、このほかにもたくさんの素敵なこどもの詩を紹介しています。

リーフレットご購読ご希望の方はこちらよりお申し込みください。