小学二年 ご まんにぃ

弟が中国からかえってきたら

いつもけんかをする。

わたしは、おねえさん

でもなんかわすれている

弟にやさしくすることだ

どうしたら弟となかなおりできるんだろう

どうしてわたしは、いつも

弟とけんかをしているんだろう

弟は、たまにもんくをいう

ママは、わたしと弟のえがおを

見るのがすき

ママにいっぱい

二人のえがおをみせたい

パパが帰ってくる

小学二年 きく地 りおん

パパにあうのはひさしぶり

金よう日は、

楽しみでねむれなくなる。

日よう日が晴れたら、

キャッチボールか

じてん車にのろうかまよっちゃう。

でも、日よう日は

パパもつかれているから、

かたもみ五十回してから

おねがいしてみようかな。

早くよるになってほしいな。

 

「言葉」

小学五年 渡邉 澪

ぼくは、最近、生意気らしい。

「あんなに、かわいかったのに、

生意気ばっかり。」

初めて、話した、言葉は、「パパ」

お父さんは、すごく喜んだらしい。

お母さんは、すごくがっかりしたらしい。

うまく気持ちを言葉に、出来なかった。

少し、伝えることがうまくなった最近。

ぼくの言葉で、笑わせたり、感心させたり。

ぼくの言葉で、怒らせたり、キズつけたり。

頭で考えて、出る言葉。

心で思って、出る言葉。

言葉は武器。

でも、やさしく、なぐさめてくれたり、

キズをいやしてくれる薬。

言葉はむずかしい。

人間だけがもつ大切な言葉。

 

隔月発行のリーフレットでは、このほかにもたくさんの素敵なこどもの詩を紹介しています。

リーフレットご購読ご希望の方はこちらよりお申し込みください。