百点

小学四年 佐藤 陽樹

何度も引き出しを開けて見てしまう百点

注意されても開けてしまいたい百点

みんなにほめられて

うれしくてたまらない百点

自分が百点を取るなどめったにない

すごいでしょう

じまんしたいけどしなかった自分に百点

姉とけんかして

仲なおりできた自分に百点

百点、テストの他にもいっぱいあった

自分の行動しだいで点数はかわる

明日は百点取れるかな

ぼくももっとうれしい百点が

ほしいな

 

  (郡山市教育委員会発行『ぼくらのひろば』第五十三号より)

あさがおとお星さま

小学二年 とお山 のぞみ

あさがおの中にはお星さま

ピンクとむらさきのお星さま

夜のお空のお星さまが

もっとあそびたくて

あさがおにかくれんぼ。

お星さまはねむくないのかな

 

夕方見たら

あさがおしぼんでた。

あさがおの中のお星さまは

お空に帰ったのかな。

またあしたの朝も

きらきらお星さま

さいてくれるかな。

 

(郡山市教育委員会発行『ぼくらのひろば』第五十三号より)

小鳥の自由

小学六年 宮本 悠之介

よく庭にくる小鳥

空を自由に飛んでいて

気らくだなぁ

 

勉強も学校もなく

一日中のんびりしていられる

毎日休みだ

 

だけどスーパーや

お店もないから

食べ物や けがした時は

大変そう

他の生き物に食べられてしまうかも

 

一見気楽そうだけど

大変なこともある

自由なことも

大変なんだな

隔月発行のリーフレットでは、このほかにもたくさんの素敵なこどもの詩を紹介しています。

リーフレットご購読ご希望の方はこちらよりお申し込みください。