青い窓ことはじめ · 15日 7月 2022
 初山滋さんからの手紙が届いた昭和三十四年六月、  詩人の菊地貞三さんからも次のような手紙が寄せられた。  「(前略)今号で急に感じたものではありませんが、  作者の殆んどがかなりのテクニシャンで、どの作品にも  才と智が先行している傾向があります。(中略)  レトリックの新しさよりは目の偽らぬ新鮮さを、...