青い窓ことはじめ · 17日 1月 2023
   昭和三十四年八月号の本誌に「青い窓の町十七番地」と題する一文が載っている。 島田栄子さん(当時小学五年)の家庭を訪問してのレポートであるが、その冒頭に 次のような街の展望が描かれている。 ――透き通った空気の中で「おはよう」とあいさつを交わすお隣同士。  いつも屋根と地面をあたためてくれるお日さま。...